横浜と都心とでの不動産の比較

日本の経済の中心都市である東京には、日本国内に限らず多くの国や地域からたくさんの人達が訪れて生活をしています。しかし、世界の不動産価値の高い都市トップ10の中にランクインをしている東京ですが、3.11の地震直後は、日本に住んでいた外国人が一斉に国に帰り、首都直下型地震の発生を恐れた日本人も東京を離れて行きました。タワーマンションこのことが原因となって、地震直後は、東京の不動産価値が一気に下がってしまったのですが、現在では、もとの状態に戻りつつあるようです。また、高層タワーマンションなどのように、高価な不動産は、今でも高い価格で売買をされていると言います。 東京には、さまざまな企業の事務所や営業所があり、働くビジネスマンが最も多い都市でもありますが、その一方で、長く住み着くには適していない都市だとも言われています。

このように言われている原因のひとつに高い家賃があります。横浜で鉄道沿線に部屋を借りた場合は、ワンルームで5万円程度、2~3DKで10万円程度、4LDK以上で15万円程度の家賃が一ヶ月にかかると言われていますが、東京で最も安い地域で、横浜市の家賃相場と同じくらいですが、最も家賃の高い港区の場合は、ワンルームですでに10万円を超えて、2~3DKで29万円程度、4LDK以上の物件になると100万円を超えることが普通だと言います。

このように、東京は家賃が非常に高いということもあって、東京ではなく、東京都心へのアクセスが良い横浜市の中で物件を探す人達が増えてきているようです。