横浜と千葉とでの不動産の比較

電車横浜と千葉の不動産には、共通点が多いと言われています。まずは、どちらとも、東京都心までの交通アクセスが良いということです。東京までの移動時間は、横浜よりも千葉のほうが若干長くかかりますが、快速電車を使えば、40分程度で東京まで行くことができます

次に、都心を中心にマンションの建設が盛んだということです。東日本大震災をきっかけに、首都直下型地震を心配する人達が東京を避けるようになったため、周辺の千葉や横浜などに人の流れが向いているようです。

最後に、千葉や横浜は、賃貸住宅よりも分譲住宅などの持ち家を購入する人達が多いということです
どちらの都市も、今現在も開発が進んでいる発展等上の都市であり、これからも、新しい施設や交通面での開発が期待できます。また、自然に恵まれている環境であることも、定住する人が多い原因かもしれません。しかし、千葉と横浜に移住をする人には、少し違いもあります。

横浜の場合は、若い夫婦が多く移住をする傾向にありますが、千葉の場合は、定年をして第二の人生を楽しみたいと考えている人が、ガーデニングや家庭菜園を楽しみながらのんびりと暮らすために、他県から移住をするケースが多いようです。その証拠に、千葉の物件をインターネットなどで探していると「千葉で田舎暮らし」というタイトルのサイトを頻繁に目にすることができます。賃貸物件の相場は、横浜と近いものがありますが、ワンルームで5万円程度、2~3DKで7万円程度、4LDK以上の物件で、12万円程度なので、横浜よりも千葉の方が、若干安い傾向にあるようです。